露軍「米製M777-155mm砲を破壊」発表も…公開映像では命中していない謎

VOA(ボイスオブアメリカ)が18日に報じたところによると、ロシア国防省はロケット兵力と砲撃でウクライナ軍が最近米国から供給された「M777-155mm」曲射砲を破壊したと18日発表しました。
(参考記事:宇軍が露T-90M(6億円)をカール・グスタフ砲1発(280万円)で破壊…「スウェーデン王に感謝」

M777(public domain)

ロシア国防省は「ウクライナの米国産M777-155mm曲射砲砲兵部隊を打撃した」とし、関連映像を公開した。
(人気記事:宇ドローンが黒海で露艦艇を撃沈か 「露の戦勝記念日は海底で行われる」宇発表

米CNN放送は、ロシア国防省が公開した当該映像(10秒程度)に、M777-155mmとみられる武器が爆発するシーンがみられるが、この武器が実際に破壊されたり損傷したりしたかは確認されなかったと報じているとVOAは伝えた。

一方で、ウクライナメディアの「YHIAH」は18日(現地時間)、ロシア軍が同攻撃に使用した兵器は通称「カミカゼドローン」とよばれる「KUB-BLA」であるとしつつ、「アメリカのM777榴弾砲のバッテリーを破壊しようとして恥をかかされた」と報じた。

同紙は当該映像を共有した上で、「人種差別主義者(ロシア軍)の砲弾は、榴弾砲に向かっていた軍の榴弾砲や武器自体に当たることはなく、10メートル離れた場所で爆発した」と指摘している。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

同紙は米国から提供されたM777砲90門のうち、74門がすでに戦闘に使用されていると伝えている。
(人気記事:露軍第12工学旅団の司令官が殺害…ドネツ川渡河作戦中 前任司令官も2カ月前に殺害

本紙が当該映像を確認したところ、ロシア国防省が打撃したとする当該武器(M777)には砲撃が命中しておらず、明らかに数メートル先に砲弾が外れているようにみえた。

(参考記事:露兵捕虜「上官が歩けない兵士を銃殺した」「パニックで自殺した兵も」

(参考記事:地下室に家族を閉じ込め、少女を集団暴行した露兵の身元を公開…宇情報当局

(参考記事:露ヘリコプター部隊司令官が死亡か…宇側発表