宇特殊部隊、6万円の爆弾で6億円の戦車(T-90)を破壊する映像公開

  • 2022年5月20日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ウクライナ軍が自ら製作した「自家製ドローン」を使ってロシア軍の約6億円の戦車を破壊する場面が公開された。
(参考記事:露軍「米製M777-155mm砲を破壊」発表も…公開映像では命中していない謎

去る11日(現地時間)、英デイリーメールはウクライナ軍ドローン特殊部隊である「アエロロスビドカ(Аеророзвідка)がロシア軍戦車を破壊することに成功したと報じた。
(人気記事:宇ドローンが黒海で露艦艇を撃沈か 「露の戦勝記念日は海底で行われる」宇発表

アエロロスビドカはこの日、自ら開発したドローンから爆弾2発を落とし、ロシア軍の戦車を破壊する映像(https://youtu.be/NVT1rj5X2vU)を公開した。

T-90戦車/ロシア軍
アエロロスビドカは「当時最前線の南側でロシア軍戦車T-90を破壊した」とし、戦車価格は250万~350万ドル(約4億円~5億6千万円)の間だと明らかにした。
(人気記事:露軍の64キロに渡る戦車行列、わずか30名の宇ドローン部隊が阻んでいた イーロン・マスクも一役

彼らが開発したドローンの制作費用は明らかになっていないが、ドローンから落とされた爆弾の価格は400ポンド(約6万4千円)であることが分かっている。その価格差は最大8750倍にもなる。

ただし、アエロロスビドカが、いつ、どこでロシア軍の戦車を破壊したかは公開されていない。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

これに先立ち、アエロロスビドカはフェイスブックを通じて、海外から支援を受けたドローン部品と資金を利用して戦闘用ドローンを自宅で作る姿を公開したことがある。

当時、ミハイロ・ゴルベンコ・アエロロスビドカ代弁人は「私たちが作ったR18というドローンは、1台当たりの価格が10万ポンド(約1600万円)にもならない」と明らかにしている。

(参考記事:1機20億円の露軍「空飛ぶ戦車」をわずか1万3千円の旧ソ連砲で撃墜…宇軍発表

(参考記事:露軍第12工学旅団の司令官が殺害…ドネツ川渡河作戦中 前任司令官も2カ月前に殺害

(参考記事:露軍の最高戦闘機Su35(1機61億円)が撃墜か 宇防空網破壊を狙うも返り討ちに?