「中国がロシアの軍事機密情報をハッキング」イスラエル系保安企業が分析発表

中国政府の支援を受けたハッカーがロシアの国防データをハッキングしようとしたという報道が出ている。
(参考記事:「中国がウクライナ政府機関に数千件のサイバー攻撃 英政府が調査」…海外報道

19日(現地時間)、イスラエル系米サイバーセキュリティ企業である「チェックポイント(Check Point)」はこの日に発表した報告書において、中国がロシアの機密情報をハッキングしようとしたと見られると伝えた。

報告書の内容によると、3月23日にロシアの軍事研究開発機関に所属する科学者やエンジニアらは、ロシアの保健省からの電子メールを受け取った。
(人気記事:露軍が秘密兵器「BMPT-72 ターミネーターⅡ」をドンバスに投入か 自軍戦車の壊滅状況受け

しかし、その電子メールにはマルウェアが仕込まれた文書ファイルが添付されていた。

メールを受けとったのは、2007年にプーチン大統領によって設立されたロステック・コーポレーション傘下の機関らであることが確認された。
(人気記事:宇特殊部隊、6万円の爆弾で6億円の戦車(T-90)を破壊する映像公開

ロステックは、高度な防衛技術、電子戦ツール、航空機エンジンなどに関する何百もの研究および製造施設を管理するロシア最大の軍事企業の1つだ。

中国軍は航空機用衛星通信やレーダー、電子戦を研究するロシア研究所を標的としたことが分析された。
(人気記事:1機20億円の露軍「空飛ぶ戦車」をわずか1万3千円の旧ソ連砲で撃墜…宇軍発表

報告書によると、中国のハッキング攻撃は、ロシアがウクライナに侵攻する前の2021年7月から始まったという。

チェックポイントのサイバー研究責任者であるイテイ・コーヘン(Itay Cohen)は、「中国の今回の攻撃は非常に洗練された攻撃」であるとし、「今回ハッカーが使用した方式とコードは、中国政府の支援を受けるハッキンググループが犯した過去の事件と非常に似ている」と説明した。

彼は今回の事件を起こしたハッキング団体が中国の「ツイステッドパンダ(Twisted Panda)」であると明らかにしている。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

中国に関しては、ロシアのウクライナ侵攻直前に、ウクライナの公共機関などに対し数千件のサーバー攻撃を加えたとの調査結果も報告されている。

(参考記事:サイバー強国の露、今は世界中のハッカーから標的に 政府文書など大量流出

(参考記事:韓国が国家サイバーセキュリティ能力で世界4位に 日本は7位(ITU発表)

(参考記事:露少佐ら、宇から記念に持ち帰った「パンサルスコット86」が車で爆発し重症…トランク消し飛ぶ