ブチャ虐殺の実行犯の身元が判明…チンギス容疑者 9人の宇男性連行し銃殺

ウクライナ・ブチャの虐殺の実行犯の一人の身元が判明した。
(参考記事:露国防副大臣の甥・カムホエフ空挺部隊司令官が宇で死亡 露政権幹部の親族で初の死亡者

当該人物は37歳のロシア人兵士で、氏名はチンギス・アタンタエフであるとの指摘が出ている。
(人気記事:「中国がロシアの軍事機密情報をハッキング」イスラエル系保安企業が分析発表

ロシアのウクライナ侵攻とブチャの虐殺は世界中の人々に衝撃を与え、多くの国際機関や国がこの行為の責任者を裁くために調査団を派遣しているが、ブチャの虐殺の犯人がまた一人判明したという報道が出た。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

米ニューヨーク・タイムズ(NYT)によると、9人のウクライナ人男性がロシア兵に銃を突きつけられた後、カメラの見えない場所で銃殺されたという。
(人気記事:韓国で日本製掘削機672台が仕様違反でリコール

この事件を調査していたジャーナリストは、アタンタエフの情報を集め、極東のマガダンで生まれ、妻との間に数人の子供がいることを突き止めた。
(人気記事:英紙「露の戦術大隊、4分の1以上が戦闘不能」「精鋭部隊の再投入には数年かかる」

記者はアタンタエフの妻に電話をかけてアタンタエフについて質問をしたところ、妻はブチャの虐殺について話すことも夫についての情報を明かすことも拒み、彼についてのNYTの写真や報道は嘘であると主張している。

(参考記事:「宇女性を暴行して」と妻に促された露軍人を捕虜に…宇側発表

(参考記事:ブチャで民間人を拷問・殺害した露指揮官の身元特定 略奪品を郵便局で発送し発覚

(参考記事:露軍が秘密兵器「BMPT-72 ターミネーターⅡ」をドンバスに投入か 自軍戦車の壊滅状況受け