露元空軍少将が戦死…Su-25戦闘機を操縦し宇に撃墜される 操縦士減少で退役軍人を動員?

約10年前に墜落事故を起こして引退したロシア軍の元将軍がウクライナ戦争に参戦し、作戦中に対空ミサイルに襲われ死亡したと伝えられた。
(参考記事:ロシアがウクライナにSu-57を投入か…第5世代戦闘機

24日(現地時間)、英BBCやタイムズなどによるとウクライナ軍空挺部隊員らは去る22日、ウクライナ東部ルハンスク州でロシア軍所属Su-25攻撃機を撃墜した。

この軍用機は被撃直後に空中で爆発し、パイロットは現場で即死したことが分かった。
(人気記事:元NATO司令官「将軍10人以上死亡の露、現代史で前例ない無能さ」「日本は主要反露国に」

その後、この死亡したパイロットが約10年前に退役した元空軍少将であるカナマト・ボタシェフ(63)であるとの指摘がロシア軍パイロットのテレグラムチャンネルで投稿された。

1959年に生まれエイスク高等軍事航空学校で操縦士資格を得たボタシェフは着実に昇進してカレリア・ベソベツ航空基地のロシア空軍連帯指揮官になったが、2012年Su-27戦闘機の復座に座り曲芸運転をして事故を起こし、軍服を脱いだと伝えられる。

ボタシェフはこの事件で軍事裁判に付された。彼はこの一年前もSu-34の爆発機を許可なく操縦して摘発され、飛行禁止命令が下された状況でこのような事件を起こしたことから有罪となり退役した。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

その後、ボタシェフはロシア軍幹部候補生を教育する国営機関で活動していた。ロシア国防部と航空当局はボタシェフの死亡を確認していない。
(人気記事:プーチン大統領に韓国大学が学位を与えていた… 授与理由に驚きの声「最悪のミス」「戦犯なのに」

タイムズはロシア軍が60代の退役将官まで起用したのは制空権の掌握に失敗し、パイロットの人命被害が増えたことによるとの可能性を伝えている。

ウクライナ軍は今年2月24日開戦以来現在までロシア軍の航空機205機とヘリコプター170機を撃墜したと主張している。西側の推定値はそれより少ない方だが、BBC放送は確認されただけで31人のロシア軍パイロットがウクライナで亡くなったことが分かったと伝えた。

(参考記事:宇軍、世界最大の露迫撃砲「2S4チュリパン」を破壊 露記者の報道で位置掴む

(参考記事:ブチャ虐殺の実行犯の身元が判明…チンギス容疑者 9人の宇男性連行し銃殺

(参考記事:ウクライナ軍「ロシア軍Su34戦闘爆撃機をスティンガーで撃墜」