英情報当局「露が宇要衝地セベロドネツクの大部分を掌握」 仏独伊では宇の戦略に憂慮も

ロシアがウクライナの要衝地である東部都市セベロドネツクの大部分地域を掌握したと英国情報当局が14日(現地時間)明らかにした。
(参考記事:仏独伊首脳がそろって宇訪問へ 対露停戦やEU加盟めぐり溝埋まるか注目

英国国家情報局(DI)はこの日、ツイッターを通じて「1カ月以上の激しい攻勢の末、ロシア軍が現在セベロドネツクを掌握している」とし「ロシア軍の大規模砲撃戦術で都市全域が広範囲に破壊された」と明らかにした。

前日、オレクサンドロ・ストリーウク・セベロドネツク市長は、ロシア軍の攻撃でドネツ川を挟んでリシチャンスクを結ぶ3番目の橋を失ったとフランスAFP・米国AP通信など主要外信を通じて伝えていた。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

セベロドネツクはドンバス・ルハンスク州の戦略的要衝地だ。ロシア軍は最近一ヶ月間ここに集中的な砲撃を浴びせ、攻略を強化した。ウクライナ軍もこの地域を守るために人材・物資を投入し続けていた。

しかし、戦況が不利になった現在、ウクライナ軍は民間人数百人と都市内のアゾト化学工場地下に隠れたと伝えられた。
(人気記事:プーチン大統領「露への制裁は失敗」 露中銀総裁「制裁で何も作れなくなる」

英国国防情報局は「ロシア軍がアゾト化学工場とその周辺に配置され、ウクライナ軍はここでロシア軍の移動を一時的に防ぐことになるだろう」と予測した。

米ニューヨークタイムズ(NYT)は、ウクライナ軍がセベロドネツクで市街戦を行い、最大限耐えることで、ロシア軍の人命被害を最大化させようとしているとの予想が出ていると報じた。
(人気記事:ウクライナ軍、「黒豹」と呼ばれる女性スナイパーの捕獲発表 「40人の血が流れた」

ウクライナに不利になった戦況のせいで、フランス、イタリア、ドイツなど一部の西側諸国は、ゼレンスキー・ウクライナ大統領がこれを打開する戦略があるのか憂慮しており、一部ではウクライナがロシアとの間で休戦交渉を行うべきだという主張も出ていると伝えられた。

これら三カ国首脳は今月26~28日にドイツで開かれるG7会議の後に、そろってウクライナのキーウを訪れ、ゼレンスキー大統領と会談する予定であると、ドイツ現地紙などは先立って報じている。その際に何らかの踏み込んだ議論が行われる可能性はある。

一方で米国はそのような交渉圧力をウクライナに加える気はないともNYTは報じている。

(参考記事:露親衛隊メディア対応部門大佐が宇で殺害 露内務省評議会が発表

(参考記事:露から1万5千人の百万長者が国外流出か 移住必要資産100万ドル超保有者が列…海外報道

(参考記事:宇ドンバスで露残虐傭兵部隊「ワグナー」が壊滅的被害か…米国営紙報じる