韓国の学校給食キムチからカエルの死体が発見 先月も別の学校で…

ソウルの高校の給食からカエルの死体が出てきて騒動になっている。
(参考記事:韓国軍のキムチから包丁が発見 他にも針金・虫・カエル… 業者への罰則は甘い謎

15日、ソウル中区A高等学校の昼食給食として出されたヨルムキムチ(大根キムチ)からカエル死体が発見された。
(人気記事:韓国で日本製掘削機672台が仕様違反でリコール

韓国メディアYTN放送によると、学校側は、学生たちがこのことを報告する屋、謝罪文を出し、納品業者に対して事実把握に乗り出した。政府衛生当局も学校を訪問するなど調査に入った。
(人気記事:韓国国税庁「海外ダミー会社など使った脱税容疑者44名を摘発」「内部取引で利益留保、海外資産購入、子供に贈与…」

先立って、先月30日にもソウルのB高等学校の給食として出されたヨルムキムチから、半分に切られたカエルの死体が出ている。 当時、学校側は事案を認知した後、キムチの配色を中断し、キムチを全量廃棄した。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

また、納品業者から受け取ったキムチを全て返品した。 納品業者側は調査過程で過ちを認めたことが分かった。 但し、同社はA高校の納品業者とは異なる所であることが伝えられた。

(参考記事:韓国紙「パンを注文して食べたら中からビニールが…」「競合店ではハサミムシも…《異物で競争》に批判」

(参考記事:韓国当局が日本から輸入の漢方薬を摘発 「韓国で使用禁止のセンノサイドを検出」

(参考記事:なぜ欧州は韓国製ラーメンを販売禁止にするのか? 仏伊に続き独も全量リコール