カザフスタン大統領「ドネツクとルハンスクを独立国家として認めない」

  • 2022年6月18日
  • 2022年11月21日
  • 政治

カザフスタン大統領が、ドネツク、ルハンスクを独立国家として認めないと発言した。
(参考記事:親露のはずのカザフスタンが反旗? 高官「クリミアやドンバス独立認めない」

ウクライナワールド(UkraineWorld)は18日、サンクトペテルブルク国際経済フォーラムにおけるカシムジョマルト・トカエフ大統領の発言映像をで発信し、このように伝えた。トルコメディアもこれを報じている。

トカエフ大統領は、カザフスタンは台湾、コソボ、南オセチア、アブハジアを承認しておらず、ドネツク、ルハンスクも同様であると述べた。
(人気記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」

トカエフ大統領は「もし自決権が世界中で実践されるようになれば、現在国連に加盟している193カ国ではなく、600カ国以上の国が存在することになる。もちろん、それはカオスになる」と述べている。

ドネツクとルハンスク(いずれもロシアと国境を接するウクライナ東部ドンバス地方の一部)は、ロシアがウクライナのクリミア半島を併合した2014年からロシアの支援を受け、対立の場となってきた。
(人気記事:ロシアがウクライナにSu-57を投入か…第5世代戦闘機

今年2月24日、ロシアがウクライナ戦争を開始する前夜、プーチン大統領はドネツクとルハンスクの「独立」を承認している。

今年4月にも、カザフスタン高官がクリミアやドンバスの独立は認めないとの発言をしている。
(人気記事:中東有力紙「ロシアのエリート層多数、徴兵恐れ海外に出国」「勝てないのに動員される」

カザフスタンのこのようなスタンスは隣国ロシアとの関係を緊張させるとの見方がある一方、SNSなどでは、「ロシアへの制裁の抜け道になるために装ってるだけ」というような見方も出ている。

(参考記事:英情報当局「露が宇要衝地セベロドネツクの大部分を掌握」 仏独伊では宇の戦略に憂慮も

(参考記事:宇ドンバスで露残虐傭兵部隊「ワグナー」が壊滅的被害か…米国営紙報じる

(参考記事:露軍が秘密兵器「BMPT-72 ターミネーターⅡ」をドンバスに投入か 自軍戦車の壊滅状況受け