米紙「露はウクライナの子供を戦利品にしている」「強制養子縁組…ジェノサイドに相当」

  • 2022年10月23日
  • 2022年11月21日
  • 政治

「自分は行きたくなかったのに、誰も私に尋ねなかったの」

最近、ロシアのモスクワ近くの現地家庭に養子縁組されたアニャ(14)という名前のウクライナ人少女は、自身が望んでいないのにロシアに強制移住することになったとニューヨークタイムズ(NYT)の取材に答えた。
(参考記事:ロシアに輸出された中国産半導体で不良率が急増か

両親から離れてウクライナのマリウポリの結核患者療養施設にいたアニャは、昨春、ロシア軍の包囲攻撃で建物が破壊されると、他の子供たちと一緒に脱出し、ボランティアの助けを借りて車でザポリーザに向かうアンビュランスにいたという。

しかし、この車のルートはロシア軍の検問所に変更され、結局ロシアが占領したドネツクのある病院に送られた。

急いで脱出したことから、ママの電話番号を書いたスケッチブックを失ってしまったために、家族と連絡が取れず、自分の意思とは無関係にロシア移住の対象となった。

彼女は養父母がよく世話をしてくれとしつつも、ウクライナに帰りたいとし、「私はロシアの市民になりたくない。私の友人や家族はここにいない」と訴えた。

NYTは22日(現地時間)、「ロシアが養子縁組を活用してウクライナの子供たちを戦利品にしている」というタイトル記事で、このような子供たちの大量移住は戦争犯罪に該当する可能性があると診断した。

占領地で住民、特に子供たちを強制移住させることは戦争犯罪であるだけでなく、ジェノサイド(種族抹殺)に該当しうると専門家らは指摘した。

ロシア当局は、孤児や集団居住施設に住んでいた子供たちはもちろん、親戚や保護者が返還を要請した場合にも強制移住させた。

このような組織的な子供の再定着は、ウクライナをロシアの一部として扱い、違法侵攻をまるで崇高な目的の作戦であるかのように仕立て上げようとするウラジミール・プーチンロシア大統領の広範な戦略の一部だと同紙は批評した。子供たちを利用してロシアを「慈悲深い救援者」と描写する宣伝戦を繰り広げているということだ。

子供たちがウクライナからロシアに移住する過程は、降圧、詐欺、暴力がミックスされた痛みを伴う手続きだったとNYTは報じた。

ウクライナの寮学校に通うドネツクの病院に強制移送されたイヴァン・マトコフスキー(16)は、他の子供たちがロシア行きバスに無理やり乗るシーンを目撃したとし、「子供たちは抗議したが、誰も彼らに耳を傾けなかった。選択の余地がなかった」と伝えた。

ロシアが強制的に連れて行ったウクライナの子供たちの数は正確に把握されていない。ウクライナ当局は約数千人に達すると推定した。これに先立ち、ロシアは4月にウクライナの占領地で2千人を超える子供がロシアに到着したと明らかにした。

プーチン政府は去る5月帰化手続きを簡素化し、ウクライナから連れてきた子供たちが迅速にロシア国籍を取得できるようにした。これにより、去る7月ウクライナ出身の子供たちが初めてロシア市民になったと伝えられた。

(参考記事:「中国がロシアの軍事機密情報をハッキング」イスラエル系保安企業が分析発表
(参考記事:ロシアで爆売れの韓国チョコパイ企業が売上好調 撤退はしないのか?
(参考記事:ロシア軍海兵旅団司令官をマウリポリで殺害…ウクライナ側発表 指揮官狙い撃ち続く

(参考記事:「宇女性を暴行して」と妻に促された露軍人を捕虜に…宇側発表
(参考記事:ロシアで韓国文化行事が開催へ 韓国政府系機関の後援に「正気か?」「この時局に?」の声