ロシア軍のSU-30戦闘機が自国住宅街に墜落…一週間で2回目

  • 2022年10月24日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ロシアの戦闘機が自国領土の住宅街に墜落し、パイロット2人が死亡した。 1週間の間に2回目の墜落事故だ。

ロシアのスホイ(SU)-30戦闘機が23日(現地時間)、シベリア東部イルクーツクの2階建て住宅に墜落したとAP通信がイゴール・コブジェフ・イルクーツク知事の発表を引用して報道した。

この事故で戦闘機パイロット2人が死亡したが、地上で人命被害は発生しなかったとコブジェフ知事は伝えた。

人口60万人のイルクーツクはイルクーツク州最大の都市であり、産業中心地でもあり、SU-30戦闘機生産工場がここにある。

ロシア国営航空機メーカーであるユナイテッドエアクラフトコーポレーションは声明を出し、事故機が空軍に引き渡される前に訓練飛行中に墜落したと説明した。

同社は、事故機は武器を載せていなかったと付け加えた。

墜落の原因がまだ知られていない中、ロシアのソーシャルメディア(SNS)に上がってきた映像を見ると、事故機がほぼ垂直に落下したことが確認されたと通信は伝えた。

去る17日ロシア戦闘機墜落事故が発生してからわずか1週間も経っておらず、再び墜落事故が起きたことになる。

当時はロシアSU-34戦爆機が飛行訓練のために離陸した直後、エンジンの片側に火がつき、ウクライナと隣接するロシア南部都市のアパートに墜落して15人が亡くなった。

AP通信は今回の戦闘機墜落が今年2月24日に始まったウクライナ戦争において11回目に発生した非戦闘事故だと集計した。

軍事専門家らはロシア軍用機の出撃回数が増え、墜落事故も増加していると分析した。

(参考記事:物資不足の露軍…新兵にサバゲ―用マスクや子供用手袋を支給、極寒で洞窟暮らし
(参考記事:「宇で戦うくらいないら監獄に行く」兵動員拒否の露男性に注目
(参考記事:ロシアに輸出された中国産半導体で不良率が急増か

(参考記事:ロシアがウクライナにSu-57を投入か…第5世代戦闘機
(参考記事:ロシア軍、ウクライナの著名半導体物理学者を殺害 「世界科学界は重要人物を失った」ウクラ科学院
(参考記事:ウクライナ軍のツイッターアカウントが凍結される…なぜ?

(注目記事:韓国で日本製掘削機672台が仕様違反でリコール
(注目記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」