露のドローン攻勢に対し、撃墜率70%の宇軍の防御戦略

  • 2022年10月24日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ウクライナが自爆ドローン攻撃に素早く適応し、3段階のドローン防御戦略によってロシアのイラン製自爆ドローンの70%以上を撃墜しているとニューヨークタイムズ(NYT)とCNN放送が23日(現地時間)報道した。
(参考記事:露が終戦を模索か?…米英土国防相と相次いで電話会談

現在ウクライナの地上と空では激しい戦闘が行われている。

地上ではウクライナ軍が南部と東部で優勢を見せているが、空中ではロシアがウクラ国民の士気を挫くために長距離ミサイルとイラン製自爆ドローンで都市地域電力・暖房施設を集中的に攻撃している。

NYTはロシアが自爆ドローン攻撃を本格化した去る9月以来、ウクライナが3段階の強力なドローン防御戦略で相当な成果を収めていると伝えた。

3段階ドローン防御戦略は24時間空を巡回する戦闘機と地上発射対空ミサイル、機関銃などでドローンを撃墜する地上軍で構成される。

ドローン防御の最も難しい部分は、ドローンを発見することだ。ドローンはレーダー上では、鳥や車両などとの区別が難しい。地上のコントローラーが潜在的目標物を見つけて戦闘機が迎撃するようにナビゲートするが失敗する場合も多い。

しかし3段階ドローン防御網が徐々に定着し、成果も大きくなっている。

ユーリ・イグナット・ウクライナ国防部顧問はあるインタビューで「新しい現実に素早く適応するために努力している」とし「ウクライナ軍はロシアが8月にイランで購入したシャヘド-136ドローンの70%以上を撃墜している」と述べた。

ウクライナ国防部は先週、ロシアの自爆ドローンを去る9月13日初めて撃墜した以後、これまで少なくとも237台を撃墜したと明らかにした。

'カラヤ'というニックネームを持つウクライナ空軍のミグ機パイロットは今月、中部都市ビンニチャでシャヘド-136を5台撃墜して国民的英雄になった。

戦闘機がドローンを撃墜するのは効率的だが、費用が高価になる。

ユーリ・イグナット顧問は「高価なミサイルでドローンを打撃しなければならないというのが苦しい」とし「しかし他の方法がない。それが現実だ」と吐露した。

戦闘機が逃したドローンは地上発射ミサイルや地上兵力が引き受ける。

小さなエンジンが搭載されたドローンは、飛行時にチェーンソーのように揺れる独特の音を出す。

キイウでこの音を聴き取ってドローンを発見し、カラシニコフライフルで撃墜した警察官3人は「音を聞いてドローンを発見した後、すぐに銃を撃った」と話した。

軍事アナリストは、自爆ドローンが世界中で急速に広がっており、現代の武装衝突で重要な武器になる可能性があると指摘しています。

ウクライナ政府も、友邦国にドローン防御用防空システムの支援を要請し、この点を強調している。

サク国防総省顧問は、ウクライナが3段階ドローン防御網を通じて自爆ドローン撃墜方法を習得すれば、友邦国もこの経験の恩恵を共有できると述べた。

ボロディミール・ゼレンスキー大統領は去る22日、国民演説で「まだ技術的にロシアミサイルと自爆ドローンを100%撃墜する能力はないが、友邦国の助けを借りて徐々にこれに近づいてきており、空軍が良い成果を出している」とし、西方局に防空システム構築のためのさらなる支援を要請した。

(参考記事:ロシア軍のSU-30戦闘機が自国住宅街に墜落…一週間で2回目
(参考記事:米紙「露はウクライナの子供を戦利品にしている」「強制養子縁組…ジェノサイドに相当」
(参考記事:「宇で戦うくらいないら監獄に行く」兵動員拒否の露男性に注目

(参考記事:プーチン大統領に韓国大学が学位を与えていた… 授与理由に驚きの声「最悪のミス」「戦犯なのに」
(参考記事:露元空軍少将が戦死…Su-25戦闘機を操縦し宇に撃墜される 操縦士減少で退役軍人を動員?
(参考記事:ポーランドが韓国のFA50導入を検討…宇に供与したミグの代替で

(注目記事:韓国で日本製掘削機672台が仕様違反でリコール
(注目記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」
(注目記事:韓国紙「駐車場不足の韓国…スペースめぐり喧嘩や殺人、人糞も…」「日本は韓国の3倍車台数も、世界の模範」