韓国でドラッグを使ったデートレイプ犯罪が絶えず発生…警察庁資料で明らかに

  • 2022年10月24日
  • 2022年11月21日
  • 政治

韓国で、いわゆる「デートレイプドラッグ」と呼ばれるGHBやコカインなどをこっそり混ぜて投薬させた後に性的暴行に及ぶ薬物性犯罪事件が絶えず発生していることが明らかになった。
(参考記事:韓国警察、5400億円規模違法賭博サイトを摘発…本拠地は中国

23日、韓国国会行政安全委員会所属、最大野党「共に民主党」のオ・ヨンファン議員が、警察庁から提出された資料に沿って、最近3年間の薬物性犯罪発生件数は、合計8173件であることを明らかにした。

年度別に分けてみると、薬物性犯罪は△2019年2950件、△2020年2891件、△2021年2332件発生した。特にGHB・ヒロポンなど向精神性医薬品麻薬類を投薬しておよぶ性犯罪は、△2019年32件、△2020年33件、△2021年32件で、関連犯罪が絶えていないと集計された。

薬物性犯罪全体の統計で見ると、3年間アルコールによる性犯罪が合計8071件で最も多く、GHBやヒロポンなど向精神性医薬品70件、コカインと大麻はそれぞれ15件・12件、ボンド・シンナー5件の順であった。

オ議員は「性犯罪に利用される薬物は、ますます多様化している」とし「強力な処罰を課し、薬物性犯罪を根絶しなければならない」と述べた。

一方、女性家族部は、薬物を利用した性犯罪件数が相次いで発生していることにより、3年ごとに実施する「2022年性暴力安全実態調査」で初めて、薬物を利用した性犯罪被害現況に対する実態調査を進める方針だ。女性家族部は「薬物利用性暴力被害可否」を問う条項を、該当実態調査に含めたと同日明らかにした。

(参考記事:韓国警察「韓国の告訴数は日本の146倍…容疑なくても告訴」 大統領選でも告訴合戦…家族やスタッフも
(参考記事:韓国の公道で警察車を装い走った日本車、本物の韓国警察に捕まる ホンダS660に塗装しマークを付け…「常識外の行動」
(参考記事:韓国警察「旧日本人邸の135億円金塊埋蔵説信じた侵入者発見」「《物色中》の30代男逮捕」