サムスン幹部「シャープは良質特許を多数保有するも活用できず、うちに負けた」

  • 2022年10月24日
  • 2022年11月21日
  • 政治

韓国のサムスン電子の子会社であるサムスンディスプレイが、かつて日本のシャープが良質な特許を多数保有していたにも関わらずこれをうまく活用できず、当時サムスンとの間で繰り広げられたLCD事業の競争において、その格差を埋めることができなかったことを明らかにした。
(参考記事:韓国紙「TSMCの日本進出は日台の特殊関係が背景に」「台湾は反日感情ない…共に韓国脅かす」

ウ・ギョンイク=サムスンディスプレイグループ長は去る21日、ソウル龍山で開かれた韓国知識財産協会(KINPA)カンファレンスの「海外での特許紛争問題とこれに対する企業対応戦略」パネル討論において、「(企業が)良い特許を持っていても活用に失敗した事例がある」として日本シャープを挙げた。

液晶表示装置(LCD)市場でシャープより後発走者だったサムスン電子は2000年代初頭からLCD特許出願と売上でシャープを上回り始め、10余年後の2012年には格差を大きく広げた。

ウ・ギョンイク氏は「シャープは2000年まででも技術や特許、ビジネス(事業)の面でサムスンよりはるかに優位にあった」とし、「サムスンがシェアを拡大するのを防ぐために遅れて訴訟を起こした」と説明した。

続いて「サムスンも(シャープを相手に)カウンター訴訟を仕掛けて熱く戦った結果、(シャープは)サムスンから少ないロイヤルティを受けて(交渉)妥結をした」とし「結局、サムスンに事業の自由度を与えることになって既に行われた(LCD)事業の格差を取り戻すのは難しかった」と述べた。

一方でサムスンディスプレイは去る上半期を最後にLCD事業から撤収し、中国蘇州工場とLCD特許を中国CSOTに売却した。

ウギョンイクグループ長は特許活用に成功した事例として台湾TSMCの例を挙げた。彼は「TSMCは後発走者である中国SMICがファウンドリ市場に参入した当時、強力に訴訟を提起し、その結果ロイヤリティと10%の株式持分を確保した」と明らかにした。続いて「結果的にTSMCはSMICを相手に確実な優位を占めた」とし「現在ファウンドリ市場でSMICは4%シェアを占めており、TSMCは60%に近いシェアで世界1位を維持している」と付け加えた。

(参考記事:サムスン前CEO「韓国の政権は例外なく企業を殴り…口だけ騒ぐ」「日本との縁が大きな助け…多くを勉強した」
(参考記事:韓国紙「日本の素材企業が韓国大手に安売り攻勢…隔世の感」「韓国側の国産化、日本企業のプライド折る」
(参考記事:ロシアに輸出された中国産半導体で不良率が急増か

(注目記事:韓国で日本製掘削機672台が仕様違反でリコール
(注目記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」
(注目記事:韓国紙「駐車場不足の韓国…スペースめぐり喧嘩や殺人、人糞も…」「日本は韓国の3倍車台数も、世界の模範」