韓国軍が境界線侵犯の北朝鮮商船に警告射撃、北はロケット砲発射

  • 2022年10月24日
  • 2022年11月21日
  • 政治

韓国軍合同参謀本部は24日、同日午前3時42分ごろに黄海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)に近い白翎島の北西(約27キロ)で北朝鮮の商船1隻がNLLを侵犯し韓国側に入ったため、警告通信と警告射撃を行ったと発表した。商船は北朝鮮側に引き返した。
(参考記事:米シンクタンク「金正恩は知らずに日本の再武装を促している」

軍当局は商船がNLLを侵犯した意図や経緯を確認中だ。

一方、北朝鮮は韓国軍の艦艇が黄海の海上軍事境界線を侵犯したと主張し、警告射撃した。

朝鮮人民軍総参謀部は朝鮮中央通信を通じた報道官発表で、同日午前3時50分ごろ、韓国海軍の護衛艦が船舶取り締まりを口実に白翎島の北西20キロの海上で海上軍事境界線を2.5~5キロ侵犯したとして、西部戦線の海岸防衛部隊に監視・対応体制の徹底を指示し、午前5時15分に放射砲弾(ロケット弾)10発を発射して初期対応措置を取ったと主張した。

また、「最近、地上戦線での砲射撃挑発と拡声器による挑発に続き、海上侵犯挑発まで敢行している敵に改めて厳重に警告する」と強調した。

韓国軍当局は、北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射、南北軍事境界線(MDL)近くでの威嚇飛行、南北軍事合意により禁止されている海上緩衝区域内への砲射撃などの挑発に続き、NLL付近で意図的に軍事的緊張を誘発したのは、新たな挑発の口実作りとともに韓国側の準備体制を探ろうとする意図があるのではないかとみている。

(参考記事:韓国検察が前国防相らを逮捕 北朝鮮軍による射殺事件巡り
(参考記事:北朝鮮紙「米政府は韓国ではなく日本の肩だけを持つ」「主人に見放され、憐れみを極める」
(参考記事:ドイツ軍大尉自宅から北朝鮮関連機密文書が発見 独情報当局(MAD)が調査へ

(注目記事:韓国で日本製掘削機672台が仕様違反でリコール
(注目記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」
(注目記事:韓国紙「駐車場不足の韓国…スペースめぐり喧嘩や殺人、人糞も…」「日本は韓国の3倍車台数も、世界の模範」