韓国に対する貿易規制がこの10年で2倍に増加 専門家ら対策訴え

  • 2022年10月25日
  • 2022年11月21日
  • 政治

韓国に対する輸入規制がこの10年で約2倍に増えたことが分かった。
(参考記事:韓国対象の各国の輸入規制 欧米や中印など計28カ国・206件が課す…今年は増加可能性

チョン・チェウォンTHE ITC常務(会計士)は25日、大韓商工会議所主催で開かれた「グローバル輸入規制動向と対応事例セミナー」で「韓国に向けた輸入規制はグローバル競争と自国産業保護の深化で急激に増加するだろう」とし「輸入国は、グローバル景気後退の中で自国製品の収益性を確保するために貿易措置を積極的に活用する」と明らかにした。

輸入規制とは、反ダンピング、相殺関税、セーフガードなど不公正な貿易行為に対する貿易救済措置をいう。韓国に対する輸入規制は2011年の117件から2020年には228件へと2倍近く増加した。

カン・ジョンス法務法人世宗貿易救済専門グループ長(会計士)は、米国の新たな輸入規制対応の重要性を強調した。

彼は「米国が第3国組立及び完成製品に対する迂回輸出調査が大挙開始された」とし「米国輸出製品には最終生産国の原材料を投入しなければならない」と助言した。

最近、インドの輸入規制政策の変化も鋭意注視しなければならないという指摘も出た。

キム・テイク=リインタ代表取締役(会計士)は「インドの輸入規制対象品目が機械産業と電気電子業種で多様化している」とし、「インド市場を攻略する韓国企業の格別の注意が必要だ」と強調した。

李賛主(イ・チャンジュ)DKCグローバル代表理事は、中国だけの独特な貿易規制への理解度を高めるべきだと強調した。

彼は「中国の反ダンピング調査はWTO(世界貿易機関)の通常の反ダンピング措置5年より1年をさらに課す」とし「中国政府だけの反ダンピング慣行をよく理解しておかなければならない」と述べた。

イ・ソンウ大韓商工会議所国際通商本部長は「韓国企業の困難が多様な貿易措置で深化している」とし「国家別の適切な論理を設ければ、厳しい輸入規制に対応できるだろう」と話した。

(参考記事:韓国の世界輸出1位商品は全77品目も日本の約半分 日中の追い上げで1位陥落した商品も
(参考記事:韓国紙「米国の鉄鋼関税が韓国だけ不利に…日欧は免除へ」「米は親中の韓国との交渉を事実上拒否か」
(参考記事:韓国原子力企業、米原発企業に訴えられる 「韓国は米国の統制を受けろ」

(おすすめ:サムスン幹部「シャープは良質特許を多数保有するも活用できず、うちに負けた」
(おすすめ:韓国の企業家、日本に100%依存していたテープ基盤技術を国産化し大統領表彰
(おすすめ:韓国軍事記者「自衛隊能力は韓国軍の3~4倍上回る」 予算並べど「行くほどに差が広がる」

(注目記事:韓国で日本製掘削機672台が仕様違反でリコール
(注目記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」
(注目記事:韓国紙「駐車場不足の韓国…スペースめぐり喧嘩や殺人、人糞も…」「日本は韓国の3倍車台数も、世界の模範」