宇に参戦のNZ元軍人「露新兵は72時間内に捕虜か死亡」「一部兵士は70年代ソ連製武器使用」

  • 2022年10月26日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ウクライナで戦争中のロシア軍の新兵たちが、戦線に投入されてからわずか72時間以内に捕虜になるか、あるいは死亡するケースが増えているという証言が出ている。
(参考記事:守勢のロシア軍、宇軍攻勢に自国本土まで防御陣地を築く事態に

26日、ラジオニュージーランド(RNZ)放送によると、ウクライナ軍の最前線捜索部隊で活動するニュージーランドのある退役軍人は、プーチンロシア大統領の予備軍部分動員令で新たに徴集された兵士たちが訓練と基本的な軍事技術も無いと証言している。

プーチン大統領は先月21日、予備軍30万人をウクライナ戦線に投入するための部分動員令を下したことがある。

この退役軍人は「ロシア側はウクライナに容易に勝利すると予想していたため、交代兵力がほとんどない状況のなか、8ヶ月間も戦線で戦うロシア正規軍を想像してほしい」とし、みて、軍が傍観装備を支給しないため、暖かい服を見つければそれを奪い合っている現状を述べた。

彼は「今は戦場に出たくない民間人まで駆り出されている」とし「彼らは強制的に徴集された人々で装備もろくなものではない」と話した。

彼は、ロシア軍の士気は日々悪化しているとし、降伏するロシア兵の数がますます増えていると伝えた。

彼は捕虜になったロシア軍の一部兵士は信じられないほど戦う準備ができていなかったとし、なかには1970年代のソ連製の錆びた武器を持っている場合もあったと明らかにした。

彼はウクライナ軍で戦う人々は、冬が近づくにつれ投降者が大量に出てくると予想しており、「私たちは、冬が私たち側ではなく、彼らに致命的に作用すると信じている」と強調した。

ウクライナで戦うもう一人のニュージーランド軍元兵士も、自身が所属した部隊でも戦闘技術不足でロシア軍の死傷者が多く増えると見通している。

(参考記事:ロシアに輸出された中国産半導体で不良率が急増か
(参考記事:ロシア軍がついに中年女性まで訓練に動員 年金受給者や障害者も?
(参考記事:露のドローン攻勢に対し、撃墜率70%の宇軍の防御戦略

(おすすめ:サムスン幹部「シャープは良質特許を多数保有するも活用できず、うちに負けた」
(おすすめ:韓国議員「韓国空軍の紀章がトヨタのシンボルそっくり…」「国民感情考慮を」 スピード交換へ
(おすすめ:韓国軍事記者「自衛隊能力は韓国軍の3~4倍上回る」 予算並べど「行くほどに差が広がる」

(注目記事:韓国で日本製掘削機672台が仕様違反でリコール
(注目記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」
(注目記事:韓国紙「駐車場不足の韓国…スペースめぐり喧嘩や殺人、人糞も…」「日本は韓国の3倍車台数も、世界の模範」