IMF総裁「各国中銀は金利を引き上げるべき」

  • 2022年10月27日
  • 2022年11月21日
  • 政治

クリスタリナ・ゲオルギエバ国際通貨基金(IMF)総裁は26日(現地時間)、インフレに対処するために各国中央銀行が基準金利を「中立金利」レベルに達するまで引き上げなければならないと明らかにした。

中立金利とは、インフレを引き起こさずデフレも引き起こさないレベルの政策金利をいう。

ゲオルギエバ総裁は、同日、ロイター通信とのインタビューで、ほとんどの国の基準金利がまだ中立水準に達していないとし、2024年になると、全世界が基準金利引き上げの効果を体感すると述べた。

ゲオルギエバ総裁のこのような発言は、欧州中央銀行(ECB)が27日、通貨政策会議で基準金利を0.75%ポイント引き上げることが有力視されるなかで出たものだ。

ECBはウクライナ戦争による食品とエネルギー価格の急騰によって、9月のユーロ圏(ユーロ貨使用19カ国)物価上昇率が9.9%に達すると、前月に続き今月も基準金利を再び0.75%ポイント上げると予想されている。

ゲオルギエバ総裁は「インフレが激しくなると成長が阻害され、極貧層が最大の打撃を受ける」とし、中央銀行の基準金利引き上げを促した。

同総裁は、中央銀行がいつまで基準金利を引き上げると予想するかという質問に対し、「IMFは中央銀行の行動に対する効果が体感される2024年までと見込んでいる」とし「効果は現れるが、即時ではないため、少し社会的忍耐が必要だ」と付け加えた。

(参考記事:韓国の政府債務が猛スピードで増加… 5年間で主要国の2.5倍に
(参考記事:韓国に対する貿易規制がこの10年で2倍に増加 専門家ら対策訴え
(参考記事:IMF「欧州経済はより深い低迷に陥る」…エネルギー不安と物価急騰で

(注目記事:韓国で日本製掘削機672台が仕様違反でリコール
(注目記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」
(注目記事:韓国紙「駐車場不足の韓国…スペースめぐり喧嘩や殺人、人糞も…」「日本は韓国の3倍車台数も、世界の模範」