米分析機関「北朝鮮のミサイルはロシアの技術支援で成功率が上がった」「06年境に76%にまで↑」

  • 2022年10月27日
  • 2022年11月21日
  • 政治

米国の非営利機関「核脅威防止構想」(NTI)は、北朝鮮が1984年から今月19日まで試験発射したミサイルの成功率が76%に達すると分析した。専門家らはロシアの技術支援の可能性が高いと評価したとRFA(自由アジア放送)が26日報道した。
(参考記事:米有力紙「北朝鮮を核保有国として認めよう」「これまでの外交政策は失敗」

NTIは北朝鮮が過去40年間に発射したミサイル204発のうち156発が成功し、ミサイル発射の成功率が向上する傾向を見せていると明らかにした。

北朝鮮が試験発射したミサイルを分析して、それらを「成功」、「失敗」、「確認できない」を分類した結果、2006年以前までの成功率は約50%だったが、その後成功率が高くなり、2013年以降の4年は100 %に達する成功率を示した。

今年北朝鮮が発射した44発のミサイルを分析した結果、失敗は4発だけだった。 27発は成功で、13発は「確認不可能」に分類された。

RFAによると、米軍の専門家ブルース・ベネット(Bruce W. Bennett)ランド(RAND)研究所先任研究員は、比較的高い成功率の背景にロシア側の支援があると推測した。

北朝鮮の技術力に優れているのではなく、ロシアが90年代や2000年代初頭に試験したミサイルを北朝鮮が導入した可能性が大きいということだ。

一方、ベネット博士は、北朝鮮ミサイルの成功率に基づいて北朝鮮ミサイル技術を過度に高く評価してはならないと指摘した。

ミサイルが計画した軌跡通り目標点に到達したかどうかの評価をしていないことや、発射直前の技術的問題で北朝鮮が発射できなかったミサイルは結果に含まれないためだと説明した。

(参考記事:韓国軍が境界線侵犯の北朝鮮商船に警告射撃、北はロケット砲発射
(参考記事:韓国軍が境界線侵犯の北朝鮮商船に警告射撃、北はロケット砲発射
(参考記事:北朝鮮紙「米政府は韓国ではなく日本の肩だけを持つ」「主人に見放され、憐れみを極める」

(注目記事:韓国で日本製掘削機672台が仕様違反でリコール
(注目記事:韓国紙「進撃する日本のロボット産業、世界の45%を掌握」「韓国でも絶対的存在に…日本産は代替不可能」
(注目記事:韓国紙「駐車場不足の韓国…スペースめぐり喧嘩や殺人、人糞も…」「日本は韓国の3倍車台数も、世界の模範」