米軍に対抗か…中国の無人ステルス機GJ-11が公開 5世代戦闘機J-20とペアで無双?

  • 2022年10月30日
  • 2022年11月21日
  • 政治

多数の現地報道によると、最近北京で開かれた航空エキスポにおいて、中国が自ら開発した最新型ステルス無人偵察機「GJ-11」が登場したことが分かった。
(参考記事:中国が時速1000キロ超の超高速列車の実験に成功発表 レールガン兵器の技術活用

中国官営メディアCCTVはGJ-11を「高度なステルス(機能)、貫通力、精密打撃能力を備えた無人戦闘機」であると表現した。

同メディアはまた、GJ-11がJ-20ステルス戦闘機と共に空中優位を掌握し、抑制的防空作戦を遂行できると説明しているが、中国が公的媒体を通じてGJ-11の空中優位云々を伝えたのは今回が初めてとみられている。

CCTV

去る2021年、中国のエアショーで初披露されたGJ-11は、1,000km/hの速度で最大4,000kmを飛行することができ、各種の精密誘導武器を搭載できることが分かった。中国空軍がこれをどのように運用するかは具体的に明らかにされていないが、注目の的となっている。

CCTVは20日、J-20戦闘機とGJ-11と推定される無人機が共に飛行する様子をコンピュータグラフィックスによって伝えた。さらに、J-20の複座モデルの後部座席に座ったパイロットが僚機(ウィングマン)を統制すると説明したが、これも初めて明らかにされた事実だった。

中国空軍がJ-20とGJ-11の協働任務を強調する理由は、第6世代戦闘機の足場となる「有無人戦闘機複合体系」を誇示するためと解釈されている。米軍が本格的に次世代戦闘機「NGAD」の開発に拍車をかけているというニュースと「B-21レーダー」爆撃機の配置が差し迫ったという情勢判断が、中国のこれら動きを促しているという観測が出ている。

(参考記事:米軍が日本に「沈黙の暗殺者」MQ9リーパー攻撃機を配置 極東情勢緊張で動員か
(参考記事:露のドローン攻勢に対し、撃墜率70%の宇軍の防御戦略
(参考記事:露軍、突撃拒否の囚人兵を撃ち殺す部隊を後方に配置か