宇の75歳女性がレイプ被害を告白「殴られ腹を切られ…」 若い夫婦を強姦後に性行為強要例も

  • 2022年11月2日
  • 2022年11月21日
  • 政治

31日(現地時間)、英国BBCによると、ウクライナ・ヘルソンに住む元教師であるリュードミラ・ミムリコバ(75)は最近、故郷ミロリウビウカがロシア軍に占領された間、自分は兵士に強姦されて死にそうになったことを打ち明けた。
(参考記事:「宇女性を暴行して」と妻に促された露軍人を捕虜に…宇側発表

現在、ウクライナ軍が奪還したヘルソンの親戚の家に滞在するリュードミラは、故郷がロシア軍占領されたときの地獄について回想した。

ロシア軍は去る3月24日、村に初めて到着した。ロシアが強制占領中のクリム半島に移ってきたこれらの兵士は正規軍であり、住民に特に被害を与えなかった。

問題は、親ロシア分離主義の武装勢力が建てたドネツクとルハンスク人民共和国(DPR・LPR)の民兵隊であり、村にやってくると、彼らは酒を要求し、略奪を行い、一気に住民を恐怖に陥れた。

覆面を被った一部兵士は男性を連行し拷問した。少なくとも住民一人が拷問中に死亡した。

リュードミラは、ロシア軍は民兵隊を人とは思わなかったという。両側は本当に味方同士なのかと疑うほど、酒に酔ったら互いに争い銃撃戦に発展したこともあったとのこと。

そして去る7月13日、夜遅くに兵士が彼女の家の前に立ち、窓を叩いたという。

彼女は「彼を防ぐ方法がなくて扉を開けるしかなかった」という。すると、兵士が彼女の顔を殴り、歯2本と鼻骨が折れた。その後、兵士は彼をソファの上に投げつけ、首を絞めた。

「兵士が私の服を脱がして私をレイプした。私のお腹をナイフで斬りもした」とし「今も私のお腹には傷がある」と話した。

彼は当時の兵士の顔も覚えている。 60歳くらいで酒の臭いがしたという。彼女はその兵士を民兵隊と推定した。理由は、以前にその男が他の同僚たちと軽油を盗んで行ったためだという。

兵士は翌日、夜明けから彼女を殴り続け、あちこち銃を乱射した。彼女は自分が生き残ることができるとは全く考えられなかった。やがてその兵士は去ったとのこと。

以後、彼女は近隣の村に避難し、娘家族と合流することに成功した。

彼女は一日も早く戦争を終わらせたとし、ロシアの女性たちは、彼らの夫と息子がウクライナ人をどのように拷問しているのかを知ってほしい」と話した。

最近、国連が公開した報告書によると、ウクライナ北東部チェルニヒウを占領したロシア兵たちは、ウクライナの83歳女性を残酷に性暴行した。当時現場には障害を患っている夫もいた。

3月にはロシア兵2人が首都キイウに住む若い夫婦を何度も強姦した後、自分たちの前で夫婦が強制的に性行為を行うよう強要した。

この報告書は、ロシアの兵士たちがウクライナの女性と少女たちを家や空き地などで無差別に強姦したことを伝えている。

(参考記事:「露軍がナチスの鍵十字刻み暴行後に殺人」 宇議員が写真を公開「怒りで心が麻痺する」
(参考記事:露軍兵士「犬を食べた」「仲間が少女を暴行した」 家族との45秒通信をウクラ当局が傍受・公開
(参考記事:露軍が女性を計画的に暴行か…国際機関が調査 避妊具携帯し身を守る女性も

(参考記事:宇兵士たちも爆笑…露軍撤退場所から日露戦争時の兵器「PM1910重機関銃」が見つかる
(参考記事:露が移住労働者らを殴打・性拷問し強制徴兵か…被害者ら激怒し30名殺害?
(参考記事:露軍、突撃拒否の囚人兵を撃ち殺す部隊を後方に配置か