過去最多・露兵二日間で1500人死亡…宇軍発表 総死者は7万1820人に

  • 2022年11月2日
  • 2022年11月21日
  • 政治

ウクライナで二日間にロシア兵1500人以上が死亡したと把握された。
(参考記事:宇に参戦のNZ元軍人「露新兵は72時間内に捕虜か死亡」「一部兵士は70年代ソ連製武器使用」

31日(現地時間)ウクラインスカ・プラウダらによると、ウクライナ総参謀部はこの日、自国でロシア兵士620人が死亡したと発表した。

ウクライナ軍当局は先立って、30日にもロシア軍の950人が死亡したと明らかにした。これは去る2月24日ロシアのウクライナ侵攻後たった一日で最も多くの死亡者数を記録したものであり、ウクライナ東部ドネツク州ラマン一帯でロシア軍死亡者が最も多く出たと伝えられた。

これにより、ウクライナで死亡したロシア兵士はこの二日で1570人増え、合計7万1820人と推算される。

この他にもロシア軍はこの日まで戦車2686台、装甲車5485台、牽引砲・自走砲1728門、多連装ロケット(放射砲)383門、対空砲197門、固定翼航空機(戦闘機)275機、ヘリ253機、無人航空機1413機、巡航ミサイル352発、軍用船舶16隻、軍用車両4128台、特殊車両・その他装備154台を失ったことが把握されている。

浸水するロシア軍戦車
ウクライナ空軍司令部もこの日、自国に発射されたロシア巡航ミサイル50余発中44発を撃墜したと明らかにした。ロシア軍は午前7時から9時まで2時間、首都キーウをはじめ、ウクライナの主要都市のあちこちにミサイル空襲を加えた。

ビタリ・クリチコ・キーウ市長は地域のエネルギー施設が損傷し、35万世帯が停電し、当該施設の復旧作業が進行中だと明らかにした。一部の地域は飲料水の供給が途絶え、携帯電話通信網が途絶えた。

キーウ郊外地域では長期間の断線の可能性もあると市当局が住民に知らせた。ウクライナ警察は13人が負傷したと発表した。

ウクライナ当局は、ロシアが民間インフラを攻撃し、寒い冬が近づく前に、暖房はもちろん、飲料水や電気供給を中断させる方法で脅かす戦術を展開していると批判した。ウクライナは西側の同盟国に現代式防空網をより早く供給することを訴えた。

(参考記事:宇兵士たちも爆笑…露軍撤退場所から日露戦争時の兵器「PM1910重機関銃」が見つかる
(参考記事:宇の75歳女性がレイプ被害を告白「殴られ腹を切られ…」 若い夫婦を強姦後に性行為強要例も
(参考記事:露中部軍司令官が解任…今夏に英雄称号受賞もすぐ失脚 「一兵卒にさせる」