韓国の研究所「日本独占のファラデー回転子高透過コーティング技術を国産化」

  • 2022年11月8日
  • 2022年11月21日
  • テック

韓国光技術院(KOPTI)は5G光通信用の主要部品である「ファラデー回転子高透過コーティング技術」を開発したと8日明らかにした。
(参考記事:韓国化学企業がTBHPの国産化に成功発表…これまで日米に依存

ファラデー回転子は、光素子の損傷を防ぎ、ノイズ信号を減らす光アイソレータを構成するコア部品。ファラデー回転子コーティング技術を日本が独占している。

パク・ジュン韓国光技術院知能型光学モジュール研究センター(N-Facility)博士とチョン・ハンユン博士研究チームが開発したこの技術は、日本の独占技術を国産化した点で意味が大きいとKOPTIは強調した。

この技術は、主要光通信波長である1550nmでの反射率を0.2%減らし、高透過特性を示す。また、この技術を適用したファラデー回転子は光アイソレータに結合され、光挿入損失(insertion loss)0..1dB以下の性能を出す。

光技術院知能型光学モジュール研究センターは、科学技術情報通信部の素材・部品・装備の国家研究施設として指定されて以後、これを活用した試製品生産の支援および研究開発を支援し、国内企業技術力向上のための全方位的支援に取り組んでいる。

パク・ジョンボク韓国光技術院知能型光学モジュール研究センター長は「今回の技術開発は100%輸入に依存している核心光部品内在化の第一歩」であるとし、「国家研究施設(N-Facility)を利用して貿易減退およびサプライチェーンの問題に備え、核心鉱部品の国産化を積極的に支援している」と話した。

(参考記事:韓国SKハイニクス、半導体用ネオンガスを国産化…「使用量が4割に拡大」と説明
(参考記事:韓国企業が「高速鉄道用車軸ベアリング」の国産化目前 これまで日本などに全量輸入依存
(参考記事:ロシアが半導体国産化に5兆円投資…2030年28ナノ量産 自給自足以外に道なく