韓国企業のマスクストラップから放射能検出で回収命令…原子力委

  • 2022年11月11日
  • 2022年11月21日
  • 産業

韓国原子力安全委員会は、放射能濃度基準を超える物質を使用したテイル素材社のシリコンマスクストラップに対して回収命令を出したと11日明らかにした。

テイル社は2020年10月から昨年1月まで計5万9720個のマスクストラップを製造した。

同委員会がこの製品を分析した結果、最大放射能濃度が0.427Bq(ベクレル)/gも検出された。シリコンに含まれるモナザイト成分が問題になった。

当該ストラップ

韓国の「生活周辺放射線安全管理法」によると、グラム当たり0.1Bqを超える天然放射性核種は「原料物質」と定めており、この物質は身体に密着して着用する製品に使用してはならない。

ただし、該当製品の年間被ばく線量は0.000118mSvで、年間被ばく線量安全基準である1mSvの1万分の1の水準であるとし、人体影響はわずかであると同委員会は説明した。

同委員会は「身体密着型生活製品に放射性原料物質が使用される事例が根絶されるよう点検を強化していく」と明らかにした。

(参考記事:韓国で放射能検査された日本産水産物、11年間65,474件のうち5件のみ微量検出
(参考記事:韓国水力原子力(KHNP)が仏核融合施設への機材入札社に選定 日米欧など共同出資
(参考記事:韓国原子力企業、米原発企業に訴えられる 「韓国は米国の統制を受けろ」