FTXアクセス数、韓国が世界2位だった…日本は?

  • 2022年11月14日
  • 2022年11月21日
  • 金融

破綻したFTXへのアクセス者のうち韓国が2番目に高いことが分かった。日本は何位だろうか?
(参考記事:破産のFTX、子会社130社超…リストを見ると

14日、CoinDesk韓国語版は、ウェブサイトデータ分析企業シミラーウェブをもとに、8~10月のFTXサイトの国別トラフィックで韓国が6.01%と国別で2位だったと伝えた。

日本が7.01%で最も高く、ドイツとシンガポールがそれぞれ5.38%、4.95%で3位と4位で続いた。

年齢別の推移を見ると、25~34歳が36.16%で最も高かった。次に35~44歳と18~24歳がそれぞれ20.32%と20.27%を占めた。同メディアは「今回のFTX事態で若い層の被害が大きいようだ」と分析している。

一方でリサーチ専門メディアアールズウェブが去る8月発表した資料によると、当時取引所の利用者のうち、韓国人の割合が6.21%で最も高かったしている。

(参考記事:FTX破産でテマセクやセコイアキャピタルが数百億の損失危機
(参考記事:日本人が韓国の仮想通貨業者を集団告訴、投資金返らず…韓国では同種詐欺が4千億円超
(参考記事:韓国JYPエンターテイメントが仮想通貨企業と提携、その深淵なる理由