韓国ウォン、対米ドル14ウォン安で取引終える…FED幹部発言など受け

  • 2022年11月17日
  • 2022年11月21日
  • 金融

17日、ウォン/ドル為替レートは14ウォン以上のウォン安となった。

この日、ソウル外国為替市場におけるドル対ウォン為替レートは前日終値より14.1ウォン安い1,339.1ウォンで取引を終えた。

為替レートは1,336.0ウォンで始まり、一時1,345.0ウォンまで下がった。

米国連邦準備制度(Fed)の緊縮速度調節期待が弱まり、ドルは先週から一部戻した。

メアリー・デイリー・サンフランシスコ連邦準備銀行総裁はこの日、CNBC放送インタビューで「4.75~5.25%の間のどこかが合理的な上陸地点になると思う」と最終金利水準を予測した。

現在、米国基準金利が3.75~4.00%という点を考慮すれば、今後も金利が1%ポイント(p)以上に上がるという意味になる。

市場の一部ではインフレ鈍化に支えられ、Fedが来年中に金利引き下げに転換すると期待しているが、デイリー総裁は「今では(引き上げ)中断は全く考慮していない」と線を引いた。

クリストファー・ウォラー連邦理事もアリゾナ州フェニックスで開かれたあるイベントで「物価上昇率が私たちの2%目標値に向かって持続的かつ意義深く落ちるには来年も追加金利引き上げが必要だろう」と述べている。

午後3時30分現在、ウォン/円の財政為替レートは100円当たり960.51ウォンとなり、前日(948.09ウォン)比で12.42ウォンウォン安となった。

(参考記事:「円安のせいで韓国の輸出額2.2兆円が吹っ飛んだ」韓国シンクタンク分析
(参考記事:FTX破産で暴落した韓国仮想通貨企業の株価、反騰する…「財務的影響なし」
(参考記事:破産のFTX、子会社130社超…リストを見ると