北朝鮮が韓国近海で130発余りの砲撃 韓国側「明白な合意違反」

韓国軍合同参謀本部は5日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が同日午後3時ごろ、南東部の江原道(カンウォンド)金剛(クムガン)郡付近と南西部の黄海南道(ファンヘナンド)長山串(チャンサンゴッ)付近からそれぞれ東西の海上に130発余りの砲弾射撃を実施したと発表した。

(参考記事:米分析機関「北朝鮮のミサイルはロシアの技術支援で成功率が上がった」「06年境に76%にまで↑」

着弾地点は2018年9月の南北軍事合意によって設定された海上の緩衝区域で、韓国軍は南北軍事合意違反だとして数回にわたり即時中止を求める警告通信を行った。

合同参謀本部は「海上緩衝区域内への砲撃は明白な南北合意違反」であるとし、韓米間の緊密な連携のなか、関連動向を追跡・監視するとともに、万一の状況に備えて対応体制を強化していると説明した。

北朝鮮は先月3日の深夜に江原道金剛郡付近から朝鮮半島東の東海に向けて約80発の砲弾射撃を実施している。

(参考記事:米有力紙「北朝鮮を核保有国として認めよう」「これまでの外交政策は失敗」
(参考記事:韓国軍が境界線侵犯の北朝鮮商船に警告射撃、北はロケット砲発射
(参考記事:ドイツ軍大尉自宅から北朝鮮関連機密文書が発見 独情報当局(MAD)が調査へ