韓国独身者の過半数近く「結婚しなくても良い」「結婚資金ないし、必要性も感じない」

韓国では昨年、10世帯中3世帯は「1人世帯」であることがわかった。このうちの約半数は「結婚しなくてもよい」と考えている。

(参考記事:韓国経済紙「少子化で韓国兵力は今後急減する」「60万人から15万人に…」

韓国統計庁が7日に発表した資料によると、昨年1人世帯は716万6000世となりで、1年前より52万2000世帯(7.9%)増えた。

1人世帯が全世帯で占める割合は33.4%まで上昇し、これは10世帯中3世帯が1人世帯であることを意味する。

2005年まで20%にとどまっていた1人世帯の割合は、2019年に初めて30%を超えたのにつづき、昨年はさらに史上最高値を更新した。今後2050年には、1人世帯の割合が39.6%に達するものとみられている。

年齢別にみると、29歳以下の1人世帯は19.8%で最も割合が多かった。つづいて70歳以上(18.1%)・30代(17.1%)・60代(16.4%)などの順であった。

調査の結果、1人世帯の約半数(50.3%)は2020年基準で「未婚」であったが、結婚しない理由として最も多かったのは「結婚資金の不足」(30.8%)であり、「結婚の必要性を感じない」という回答も12.3%であった。

1人世帯のうち「結婚しなければならない」と考えている人は47.1%で、過半数を下回った。また「結婚してもしなくてもよい」と考えている1人世帯の割合は44.3%であった。

(参考記事:韓国紙「日本の経済衰退は将来の韓国の姿」「むしろ日本より深刻」
(参考記事:韓国紙「日本の高齢化制度改革は進んでいる」「韓国の少子化は無視されたまま」
(参考記事:韓国の人口が19カ月連続で自然減少 少子化で出生児数を死亡者数が上回る