韓国が国内の「中国秘密警察署」を調査へ…軍や警察も動員

中国が反体制的な人物を弾圧するため、海外に「秘密警察署」を開設したという報告と関連し、韓国政府が実態把握調査に乗り出したことが分かった。

(参考記事:中国人留学生「韓国で《春聯》を家に貼ったら通報された」「家主に剥がすよう強要された…理解できない」

聯合ニュース(20日)によると、今回の実態把握は韓国軍や韓国警察の防衛組織および外交部など関連政府省庁も一斉に動員されたという。

聯合は、実態把握の結果、中国政府が国内に「秘密警察署」を運営しているという事実が明らかになれば、「主権侵害や司法妨害など両国関係に大きな波長を及ぼす可能性もある」と伝えている。

今年9月、スペインに本部を置く国際人権団体「セーフガード・ディフェンダーズ」が発表した報告書によると、中国がヨーロッパを中心に海外21カ国に54の秘密警察署 を開設したとされる。

さらに、同団体は先月、韓国を含む48カ所でも追加施設を確認したと発表した。同団体が把握した中国秘密警察署は53カ国・102カ所以上にわたるという。

当該秘密警察署では、逃亡した中国の反体制人物に圧力をかけ本国に戻るようにしたり、情報を収集する活動をしたりするものとみられている。

110は日本の「110番」に該当する中国の警察通報番号であり、当該秘密警察署の名前は「海外110サービスステーション」であるとのこと。

中国当局は、該当ステーションが自国民の運転免許の更新、現地住宅登録などのサービスを提供するところであり、国際法を遵守すると主張している。

新型コロナウイルスの影響で海外公館が閉鎖するなどして、書類作業に遅れが生じたことから、こうした施設を作ったというのがその説明だ。

しかし、セーフガード・ディフェンダーズの報告書によると、中国が「海外110サービスステーション」を作り始めたのは、コロナパンデミックより数年前だ。

中国当局の説明とは異なり、中国の秘密警察署は日本やカナダなど世界各地で実体が続々と確認されている。

日本外務省は19日、東京など2都市で中国公安局が開設したと推定される中国秘密警察署を把握したと報告した。

また、カナダ警察も10月27日、トロント一帯に3カ所の中国の秘密警察署が設置されたと確認したと明らかにした。 オランダ政府も先月1日、自国内「中国違法警察署」2カ所を直ちに閉鎖したと発表した。

(参考記事:韓国紙「中国はなぜ旭日旗に寛大なのか?韓国と認識方法が違う」「中国主流の歴史認識本音を垣間見た」
(参考記事:韓国紙「中国は五輪で韓国に恥をかかせた…火病が沸く事件」「しかし自業自得…世界は日中文化の亜流と見る」
(参考記事:韓国紙「韓民族は人類文明の始まり…中国はそれが邪魔」「歴史に光を当てて中心国の地位を得よう」

(参考記事:ロシアに輸出された中国産半導体で不良率が急増か
(参考記事:なぜ韓国人の対中国謝罪文がSNSに溢れるのか? 「心から謝罪」「中国の犬です」「同胞が恥ずかしい」
(参考記事:中国サッカー前代表監督が粛清か 「W杯日本躍進で中国世論の批判かわすため」韓国紙