韓国紙「日本政府が防衛産業の工場など国有化可能へ 来年1月法案提出」

日本政府が防衛産業分野で事業持続が難しい工場など製造施設を国有化できる法案を設け、来年1月に定期国会に提出することにしたと韓国聯合ニュースが読売新聞の30日報道を引用して報じた。

(参考記事:韓国紙「日本がロシア産原油を輸入へ」「今年春以降で初めて」

法案には防衛産業を対象とした生産基盤の強化と輸出など包括的支援策が明記される。

自衛隊の任務に不可欠な装備を製造する企業について、事業を継続することができず、他の手段がなければ施設の国有化も許容するという内容が含まれる。

国家が製造施設を買い入れ、事業承継を希望する他の民間企業に管理を委託できるようにする。

この場合、事業を引き継ぐ企業は生産設備を新たに導入する費用がかからずに生産できるメリットがある。

日本政府はこれを通じて企業の経費を減らすことで重要な防衛装備の国内製造を維持する目的があるという読売の分析を聯合は伝えた。

国有化は最終手段として規定し、先に「不可欠な装備を製造する企業」に対しては生産基盤強化のための経費を支給したり、輸出企業に財政支援したりすることにした。

輸出支援金は基金を新設して支援することにし、基金創設のため来年度予算の中で約400億円を計上した。

日本政府は今月、国家安全保障戦略など3大安保文書を改正して5年後、防衛関連予算を国内総生産(GDP)の2%に増やすなど防衛力を強化することにしたが、日本の大企業は防衛産業から次々と撤収している。

韓国メディアは最近、日本の防衛政策の動向について強い関心を示している。

(参考記事:韓国紙「中国から日本への移民が急増」「わずか500万円で行けるが…」
(参考記事:「北朝鮮ドローン、金正男暗殺したVX積めば韓国人口3倍殺傷できた」日本人専門家
(参考記事:日本刀で妻殺害の韓国被告の刑罰が確定 義父の見てる前で殺害

(参考記事:「世界で最も反中感情が強いのは韓国人」「独特の嫌い方」米外交専門メディア
(参考記事:米議会調査局「米国の保護貿易は近隣窮乏化政策」「米企業の競争力低下させる」
(参考記事:豊田通商が韓国の電池素材企業「サマアルミニウム」に資本参加