韓国検察が衛生当局を家宅捜査 文政権時の支援で違法行為疑い

韓国検察は12日、新型コロナウイルス感染症の治療剤及びワクチン支援事業と関連し、同国の衛生当局である食品医薬品安全処(食薬処=シギャッチョ)を家宅捜査した。

(参考記事:北朝鮮軍による射殺事件 文政権時の大統領秘書室長を聴取

検察は、文在寅(ムン・ジェイン)政権が2020年から3年間、コロナ治療剤とワクチン開発、臨床試験費用を支援する過程で違法行為があったかを調べている。

ソウル西部地検の食品医薬品犯罪調査部(部長検査パク・ヘヨン)はこの日、「医薬品臨床試験承認の問題と関連して食薬処など9カ所を押収捜索した」と明らかにした。 検察は、一部の企業がコロナ治療薬の臨床試験の過程で不当に承認されたかどうかを証明できる資料を確保することに注力したことが分かった。 また、ワクチンの許可プロセスも全般的に調査していると伝えられた。

韓国大検察庁の建物

これに先立ち、同国の監査院は昨年8月、文政権のコロナワクチン需給実態などに対する監査計画を発表した。

文政権は2020年から2022年までコロナ19ワクチンと治療剤開発、臨床試験費用支援金として4127億ウォン(約426億円)を策定した。韓国の製薬会社からはワクチン開発9社、治療剤開発5社など計14社が支援を受けた。しかし、このうち製品が発売されたのは二社・二製品のみだった。

(参考記事:韓国の裁判官に過労死相次ぐ 日本の3倍超の事件数が原因か
(参考記事:韓国で勃起不全治療剤を盛った偽物の高麗人参が摘発 「更年期に有効」と宣伝
(参考記事:人口蜂蜜を天然蜂蜜と騙して売った韓国業者5カ所が摘発 その価格差は?

(参考記事:韓国で14億売り上げた「100%ハチミツ」 実は50円の砂糖水だった…
(参考記事:韓国製ゴマ油がリコール 発癌物質ベンゾビレンが基準値の3倍超
(参考記事:米国立毒物センター「韓国製薬企業のコロナ診断キットに有害物質」「非常に強力な毒性、摂取すれば死亡も」