LGディスプレイ、ノートパソコン用「タンデムOLED」量産…”業界初”

LGディスプレイは24日、業界初となるノートパソコン用「13インチタンデムOLED(有機EL)パネル」の開発を完了し、最近量産を開始したことを明らかにした。

LGディスプレイが2019年に初めて商用化に成功したタンデムOLEDは、レッド・グリーン・ブルー(RGB)有機発光層を2層で積み重ねる方式で長寿命、高輝度を実現し、従来の1層であるOLEDパネルに比べて耐久性と性能が優れているという。

OLED素子に加わるエネルギーを分散させ、より長く安定して動作できるため、品質基準が厳しい車載用OLEDに初めて適用された。

ノートパソコン、モニター、タブレットなど、画面の使用時間が比較的長いIT製品にも最適化された技術と評価されるというのが同社の説明だ。

ノートパソコンのパネルにタンデムOLEDが適用されたのは今回が初めてで、LGディスプレイはノートパソコンの使用環境に合わせたタンデムOLEDを新たに開発したとのこと。

ノートパソコン用タンデムOLEDは、従来のOLEDパネルに比べて寿命は2倍、明るさは3倍まで向上させることができ、消費電力は最大40%低減することができ、一般ノートパソコンだけでなく、人工知能(AI)ノートパソコンなど高性能IT機器に最適というのが同社側の説明だ。

今回量産を開始した13インチタンデムOLEDパネルは、部品設計や構造改善などを通じて、従来のノートパソコン用OLEDに比べて約40%薄く、28%軽くなり、洗練されたデザインを実現し、携帯性を高めることができるという。

また、正確な色表現力で高精細コンテンツをより鮮明に表現する。今回の製品はWQXGA+(2880x1800)の高解像度、デジタル映画協会(DCI)の標準色域DCI-P3を100%満たした。ビデオ電子工学標準協会(VESA)の'ディスプレイHDR(High Dynamic Range) True Black 500'基準も満たしていると同社は説明した。

タッチセンサーをパネル内に内蔵して性能を高めた高感度トータルタッチソリューションを搭載し、正確なタッチ感を実現するとのこと。

チャン・ジェウォンLGディスプレイ中型商品企画担当常務は、「長寿命、高輝度、低消費電力など、タンデムOLEDならではの強みを基に差別的な顧客価値を提供し、IT用OLED製品の競争力を持続的に強化していく」と述べた。